いどばた会議 失われつつある44の価値(古川柳蔵氏)をもとに、暮らしを振り返りました。自然相手の暮らしをしていたと、様々な知恵が湧き出るいどばたになりました。「小学6年になると、家の仕事をしっかりやっていたよ」「勉強せぇ~ではなく、働げ~と言われ、生きる力や知恵をたくさん学んでいた」と、笑い話も交えて会は進みました。

参考 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170117_73009.html 90歳のヒアリング

When the man learned “power to live for”, he looked back. He helped with the work of the house with studying at school and, in the days of the primary schoolchild, often learned.

IMG_4802

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

最近のコメント

    アーカイブ

    • 2017 (111)
    • 2016 (144)
    • 2015 (102)
    • 2014 (112)
    • 2013 (119)
    • 2012 (39)