11のつどい~神戸大学バージョン~ 震災経験とまちの歴史の伝承方法

Meeting to consider the lore of how the history of the city and the earthquake experience. 

11のつどい神1 11のつどい神2 11のつどい神3

佐藤稲光さんを中心に、漁業と大槌の町の暮らしや、防災に対して感覚などお話してもらいました。

『震災を伝える方法や何を伝えるべきか』をテーマに話し合いました。自分事として感じてもらう・行動につながるにはどうしたらいいのか。自分たちの地域ではどうなのか。東北での足湯ボランティア活動の経験も合わせ、様々な気づきやアイディアが浮かびあがりました。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

最近のコメント

    アーカイブ

    • 2017 (69)
    • 2016 (146)
    • 2015 (102)
    • 2014 (112)
    • 2013 (119)
    • 2012 (39)