JPF_2チラシいどばた第420170306

 

 

 

 

 

 

 

3月3日(金)一品持ち寄り食事会@植田医院

3月6日(金)いどばた 第4弾お披露目会

3月11日(土)3,11の集い ボランティア団体連絡協議会

3月24日(金)チャリカフェ

3月11日の灯りとして、ろうそくを灯す企画の準備を行いました。大槌町ボランティア団体連絡協議会のメンバーがあつまり、ペットボトル灯篭は手づくりされています。作りながら様々な思いを話したり、準備を進めています。

The volunteer group of the town gathered and made lanterns. On March 11, we turn on a light of the lantern.

IMG_4500 IMG_4834 IMG_4844

全国から寄せられる「鮭」の装飾品・Shake handプロジェクトの展示が行われます。

3月8日から15日@旧)植田医院(岩手県大槌町小槌)個性あふれるオリジナルの鮭たちです。

Exhibition for SHAKE HAND, It was decorated small salmon made with cloth.

From March 8 to March 15 @ Otsuchi IWATE.

IMG_4826 IMG_4820

明治学院大学の学生さん10名と、震災の地域づくり・支援のかたちとこれから・大槌の資源等について話し、大槌の魅力をたくさん伝えてもらうことができました。地域の方々と手と手を結ぶように向き合う学生たちの活動に元気をもらいました。

carried out SHAKE HAND project with Students of Meiji Gakuin Uni, in the project they told a lot to us about charm and attractiveness of Otsuchi-cho.

IMG_4825 IMG_4832

岩手から3つの団体がノミネートされました。本番は2月26日(日)13時~@仙台

開催告知動画も作成し、ホームページで公開しております↓
http://www.clc-japan.com/events/detail/6289

いガス大賞

いどばた会議 失われつつある44の価値(古川柳蔵氏)をもとに、暮らしを振り返りました。自然相手の暮らしをしていたと、様々な知恵が湧き出るいどばたになりました。「小学6年になると、家の仕事をしっかりやっていたよ」「勉強せぇ~ではなく、働げ~と言われ、生きる力や知恵をたくさん学んでいた」と、笑い話も交えて会は進みました。

参考 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170117_73009.html 90歳のヒアリング

When the man learned “power to live for”, he looked back. He helped with the work of the house with studying at school and, in the days of the primary schoolchild, often learned.

IMG_4802

山田町町中交流センターで開催しているわ・わ・わジャンボリー。足湯と大相撲も参加して一緒に会場をもりあげました。地域住民活動を丁寧に掘り起こし、一緒に活動をしてきた内容が手に取るようにわかりました。「わ」が、これからも広がることを期待しています。

IMG_4730 IMG_4743

いどばた会議 大なべ料理のプロ、漁協婦人部の方々に大鍋の炊き出しの極意を改めて語ってもらいました。秘訣は、段取りをしっかりすること・役割分担と食材の処理方法を手際よく、何といってもお母さんたちのチーム力と声掛けだと感じました。当日は、美味しいわかめのもどし方についても様々はなしになり、大槌の自慢食材の一つと実感しました。

The secret of the cooking with the large pan.Get a grip by the preparation, Team power and a disposal of ingredients method skillfully.

IMG_4787 IMG_4751

 

 

2月8日いどばた会議  祭りや季節行事の話の一コマ  5月の花見やお祭りの際3段重ねの重箱をもって、友人や親せきを訪ねていました。一番下は汁のあるお煮しめ、中はあんこ餅やおかず、最上段はお赤飯やお稲荷さんが入っています。子どものろから、「うちの煮しめも、おあがりあんせ~」と重箱の料理を互いに分け交換したりしていたそうです。

仮設住宅から引っ越す方も増え、サロンに来られる方々の人数も少なくなってきています。

In the IDIBATA salon, we talked about the old festival and event. As for the feast of the festival, there were good manners and customs to eat while distributing it together from those days.

IMG_4690

IMG_4686

 

日本・世界中を廻ったメッセージの布が大槌にやってきました。震災や戦争などの暮らしが変化した地域の布はマスト1階フロアに展示中。絵や文字を書きながら、ゆっくりといらした皆さんと話をしていきます。展示は2月4日~5日夕方まで。

On 2/4-5, Popoki and his friends will be doing exhibit activities at Otsuchi-cho Mast shopping center. Please join us for drawing!

IMG_4611 IMG_4614

いどばた会議では、節分の日、豆入れの箱を作りながら節の行事なども行っていたことを思い出すように話しました。神戸よりゲストも招き、関西の風習のこと、震災後の暮らしぶりや健康維持の秘訣など、ちょっとした体操や工夫の話を聞きました。ひと手間かけることや季節を感じる工夫など仮設住宅の暮らしの中でのアイディアも聞かれました。

Held Setsubun, the bean-scattering ceremony of the traditional end of winter event together. We talked about the laborer of the living each other while making a box to put a bean in.

IMG_4554

みんなで食事をしましょうと始まった会。本日は恵方巻を各自つくり、福を呼びこもうという事で賑やかな会になりました。風習の変化や季節行事、漬け物や塩分の話など、お互いに教え合ったりしました。次回は、3月3日の予定です。

A lunch party to make Ehomaki (sushi roll eaten during setsubun) was held. This party becomes that relations of the face familiarity of the neighborhood are made.

IMG_4544 IMG_4536 IMG_4527

共生文庫の本御入れ替えが行われました。小説から絵本、趣味の本まで、気軽に借りることが出来ます。一度来てみませんか?他にもまちづくり文庫もあります。

A mini-library book was replaced.

IMG_4516

1月28日@マスト階 ボランティア団体連絡協議会の皆さんと、メッセージ会・灯篭づくりを行いました。参加者の様々な経験や思いを一緒のつづっていきたいと思う会でした。灯ろうの準備は2月も行います。

IMG_4495 IMG_4502 ppt 2017.3.11-2

いどばた会議@小鎚第5仮設 にぎわう町の行事や祭りについて、当時の段取りや雰囲気など話しました。これからの伝えたい・残したい事柄の中に「祭り」が挙げられる理由としては、地域で受け継いできたことへの誇りや、皆で福を分け合い地域の連帯感を感じる事なども挙げられていました。

Talked about an event and the festival of the town in old days. The festival has special thought as culture of a pride and the living for them.

IMG_4477

今から60年ほど前、子どもの遊びは学習の場だったと、当時を振り返りました。自然の中で駆け回り、遊び道具は手作りと、生きる知恵や技を学ぶ機会になっていました。ご近所さんは大きな家族、ご近所で子どもを見守ることは日常事。ものを大切に、感謝の気持ち、お互いに信頼できる関係が育まれてた時代でした。

≪おまけ≫思い出した子供のルール:「あんぐり協会」リンゴのまるかじり 子どもたちみんなでリンゴを1口順番に食べ分け合うルール。

Three men gathered and looked back on old days. Children learned in nature and learned wisdom and the skill to live for.

IMG_4454 還暦アトラクション用 白黒画像 006

「おあがりあんせ~」大槌のお母さんたちは、気さくに友人や知人を呼び込みます。お茶のみの会は地域の社交場・情報交流、学びの場となっています。本日は「めのこ飯」昆布の炊き込みご飯が登場。米の貴重な時代、米のカサを増すために食べられていたそうです。本日は、そんな記憶をたどり、だいぶ米の量は多いですが・・再現しました。

Local ladies each brought a handmade cake and a pickle and held a tea party. Host lady cooked an old dish, and they enjoyed chatting. This tea party is an opportunity of the local local information exchange shop and learning.

IMG_4416 IMG_4447

0126大鍋いどばた0127いどばたppt 2017.3.11-220170202201702030204ポーポキいどばた

1月19日(木) 震災当時の炊き出しや食状況についてふりかえりました。震災当時は頭が真っ白になり身体が覚えていたことが役立った、日頃の大人数に振る舞うことや大鍋機材を扱うことの経験は必要だった・・など。冷えて硬いご飯は、「そうすい」にすることで、お米の量も増え、温かく栄養を取ることのできるものに変化するなど工夫もあげられました。

We looked back about distribution of boiled rice and the meal situation at the time of earthquake. A head became blank, and everyday experience was made use of at the time of an earthquake disaster.

IMG_4358

1月19日(木) 安渡娘の活動を通じて、伝える工夫について考えました。大槌の民話を掘り起こし「ふる里の情景」を人形劇や紙芝居として演じています。民話の掘り起こしなどは、これまでの暮らしの中より生まれた言葉や知恵などもいっしょに伝えることにつながっています。また、わかりやすく世代を超えて関心を持ってくれる材料になっています。

Materials and an expression method interested in as a device to convey clearly more than a generation are necessary. For example, a song and a story, a puppet play etc・

IMG_4294

 

アーカイブ

  • 2017 (43)
  • 2016 (146)
  • 2015 (102)
  • 2014 (113)
  • 2013 (119)
  • 2012 (39)